忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■前回は表みたいに文字を表示する\tの用法を学びましたが、今日は\bバックスペースの用例を示してみたいと思います。\bは先日触れたことがあります。頭文字が\の後につくと考えると、¥の用法が一目でわかるようになります。それでは、用例。

Ex.
printf("1234\b56789\n")
では、表示される文字は”12356789”と表示されるはずです。\bが5を4の上に運んで乗せてしまうのです。それはつまり4を消してしまうことです。それではやってみます。

110 /*\bの用法①*/
120 #include
130 int main()
140 {
150 printf("1234\b56789\n");
160 return 0;
170 }
180

("")のなかに\bを含ませてバックスペースする。

_____________________________________________________

100 /*\bの用法②*/
110 #include
120 int main()
130 {
140 printf("1234");
150 printf("\b");
160 printf("56789\n");
170 return 0;
180 }
190



____________________________________________________

printf("1234");
printf("56789");
は、実際には123456789とつながって表示される。
要するに、\nがくるまでは、文字は有効にならないし\nがくるまでは区切られることのなく、文字がつながって表示される。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
20 19 18 17 16 14 13 12 11 10 9
> カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> FLASH
> 最新コメント
(10/30)
(10/22)
(10/14)
(10/09)
(10/03)
> 最新トラックバック
> profile
HN:
川端悦子
年齢:
29
HP:
性別:
男性
誕生日:
1988/01/12
職業:
大学生
趣味:
釣り
> QRコード
> ブログ内検索